MENU

顎ニキビの原因について

 あごにきびは女性の場合、大人にきびです。大人にきびとは、思春期にきびと違い、ホルモンバランスの乱れから出来るにきびで、
繰り返しでき、治りにくく痕が残りやすいという特徴があります。

 

 

 女性は月経周期によってホルモンバランスが変化します。
月経周期後半に分泌量が増える黄体ホルモンは、ニキビの原因になる場合があります。

 

 

黄体ホルモンには皮脂の分泌を増加させ、肌の潤い力を下げるので、肌が乾燥してターンオーバーが乱れます。又、皮脂の過剰な分泌も起きるので、
ニキビが出来やすくなるのです。黄体ホルモンの組成は男性のホルモンに似ているため、この時にできるニキビは、男性ホルモンの受容体が多く存在するあごに
できやすくなるのです。

 

 黄体ホルモンは心身の不調も引き起こすので、そのストレスから更ににきびを増やす事にもなりえます。

 

 月経によるホルモンバランスの乱れだけでなく、ストレスや、睡眠不足、冷え性などの生活習慣からもホルモンバランスは乱れてしまうのです。

 

 

30代になると、自然と女性ホルモンが減少していき、30代半ばになると急激に減少していきます。この変化から、ただでさえホルモンバランスが乱れ
大人ニキビができやすくなるのに、更なるストレスやホルモンバランスを乱しかねない生活習慣から、更に大人ニキビを誘発しかねないのです。
 このホルモンバランスの乱れ以外に考えられる原因はケアの仕方です。

 

 

 思春期にきびの影響からか、おでこ、小鼻周りのTゾーンを念入りにケア、一番目立つほっぺたを真綿に包むように優しくケア、というのは多くの
人が意識しているでしょう。

 

 

 その一方であごのUゾーンは意外と無防備のほったらかしという人が多いのです。
洗顔時、Tゾーン、ほっぺたは丁寧に洗顔していても、Uゾーンは実は洗っていなかったり、
日焼け止めを塗る時でも、Uゾーンは塗り忘れていて紫外線がダイレクトに当たっていたり、です。

 

 

 UゾーンはTゾーンほどではありませんが、それなりに皮脂が溜まりやすく、
意外とにきびが出来やすい場所なのです。なので、それなりに意識して
ケアしてあげなければいけない場所です。

 

 

 又、そこまでケアしていないにも関わらず、意外と手で触ってしまっている場所でもあります。手はいつでも綺麗というわけではありません。
雑菌などが付いている手で触るとそれだけ炎症を招きかねません。

 

 

 あごにきびは大人にきび。ホルモンバランスの乱れ、ケア不足、意識不足が原因です。

関連ページ

【実体験!】ニキビと食事の関係は?
私が悩まされてきたニキビ・・なぜニキビが出来てしまったのか?ニキビと食事の関係についてです。